現在、過去最多の30万人以上の外国人留学生が日本で学び、そのうち日本で就職を希望する外国人留学生は約70%と言われています。そして主要企業のうち、グローバル人材としての留学生を採用を望んでいる企業は約60%にのぼります。しかしながら、実際に日本で就職する留学生は全体の約30%に留まり、多くの留学生が失意の中で帰国してしまいます。


就職できないのは留学生の能力が低いからでしょうか?決してそんなことはありません。私が多くの外国人留学生と接して感じるのは、外国人留学生の多くは大変優秀であるということです。そして、日本文化をよく理解し、働くための熱意もあります。ではなぜ内定を取れないのか。それは、新卒一括採用に代表されるように、世界的に見ても特殊な日本の就職活動に対し、留学生が対応できていないためです。つまり、日本の就活を正しく理解し、正しい戦略を取れば、必ず内定が取れると確信しています。早急なグローバル化を迫られている日本企業にとって、留学生の力は今や必要不可欠です。

就職したいができない留学生と、優秀な外国人人材を確保したいが採用がうまくいっていない日本企業とのミスマッチ・矛盾を解消するため、留学生の皆様の就職活動を全力でサポートさせていただきます。