現在、過去最多の30万人以上の外国人留学生が日本で学び、そのうち日本で就職を希望する外国人留学生は70%を超えています。そして主要企業のうち、グローバル人材としての留学生を採用を望んでいる企業は約60%にのぼります。しかしながら、実際に日本で就職できる留学生は約30%に留まり、多くの留学生が失意の中で帰国してしまいます。


就職できないのは留学生の能力が低いからでしょうか?決してそんなことはありません。私が多くの外国人留学生と接して感じるのは、外国人留学生の多くは大変優秀であるということです。そして、日本文化をよく理解し、働くための熱意もあります。ではなぜ内定を取れないのか。それは、新卒一括採用に代表されるように、世界的に見ても特殊な日本の就職活動に対し、留学生が対応できていないためです。就活には必勝の型があります。一種のゲームである割り切った方が良いです。つまり、日本の就活を正しく理解し、正しい戦略を取れば、絶対に内定を取れます。早急なグローバル化を迫られている日本企業にとって、留学生の力は今や必要不可欠です。

就職したいができない留学生と、優秀な外国人人材を確保したいが採用がうまくいっていない日本企業とのミスマッチ・矛盾を解消したい。そのために、私たちは留学生の皆様の就職活動を全力でサポートさせていただきます。

就職BASE TOKYO代表 森永 健太

 

 

目前,史上最高的30万留学生在日本学习,其中想在日本就职的人达到了70%以上。并且在主要日企当中考虑采用外国留学生的企业也达到了60%以上。但现况却是能留在日本就职的留学生仅有30%,更多的留学生只能在失意中回国寻找出路。


无法留在日本就职的根本原因真的是留学生的能力不够吗?决不是这样!我在与众多留学生的接触当中感觉到的是优秀的人才有很多。而且他们懂得日本文化,也有足够的工作热情。这些优秀的留学生无法拿到心仪Offer的原因是来自于日本特殊的就职活动,比如“新毕一括采用",他们对于这类活动没有经验。即,只要正确理解了日本的就职文化,找到正确的战略方法,我相信留学生一定都可以拿到Offer。在如今激烈的全球化竞争环境中,对于日本企业来说,外国留学生人才是不可或缺的。


为了消除想要留在日本就职却不如意的外国留学生,和想要采用海外人才的日企之间存在的矛盾点及匹配度上出现的偏差,我们会全力支持留学生的就职活动,为大家提供帮助。

 

就职BASE TOKYO 代表 森永 健太